CATEGORY

起業失敗

起業失敗

起業失敗してもお金を稼ぐ執念があれば再起できる?

起業しても必ずしもうまくいくとは限りませんし、失敗して廃業ということもあり得ます。 一度ビジネスに失敗したら、もう二度とチャレンジしないという人がいる一方で、再チャレンジして成功する人もいます。 この両者の違いは何でしょうか? また、再起して成功するためには、何が必要でしょうか?

起業失敗を招く? 融資頼みの事業拡大

起業しても、つねに順調にいくとは限りません。かつて、私は事業拡大しようとしてやめたことがあります。 このまま拡大路線を続けると、ビジネスそのものが危なくなると思ったからです。事業を拡大すれば、利益が大きくなると考えられがちですが、一方で、起業失敗のリスクを招くこともあります。 それがどういうことなのか、実際の経験をまじえてお話しします。

事業撤退は再生へのスタート

いまや、サラリーマンが一生安泰ではない一方で、起業しても絶対に成功するという保証はありません。 起業失敗につながるリスクを最小限に抑えるよう努力していても、ビジネスがうまくいかなくなることはあります。 そんなときは、どう対処すればいいのでしょうか? 起業して思うような結果が出せないとき、何をすべきかお教えします。

起業失敗!でも、責任は感じなくてもいい!?

赤字が続き、継続することがむずかしくなったビジネスからは撤退するしかありません。 しかし、「借金をすれば続けられる」、「閉店すればお客さんや取引先に迷惑をかけるかもしれない」などと考えて、撤退や閉店をためらうケースも少なくないようです。 そんなときは、どのように考えて、どう決断するべきでしょうか?

起業失敗、それでもやり直せる理由

起業するからには、失敗するリスクがあります。失敗も廃業もつらいもの。 しかし、家族を食べさせていかなければならないので、立ち直り、次に進むことが必要です。 起業に失敗しても、やり直せばいいのです。失敗の先に成功を見つければいいのです。 そのためには、何が大切なのかお伝えしたいと思います。