人を引き込む「つかみ」の技術

中村です。

年末は講演会が
いくつか入っています!

講演会は私自身も刺激になるので
とても楽しいですww

行ったことの無い土地で
地場の物を食するというのも

大きな楽しみのひとつであることは
間違いありませんww

 

講演会先で食べ物に数万円
使ってしまうこともあるので
お金が全く残りません!!

ま、地域に還元してるということで
良しとしていますww

もちろん、食べ物だけでなく

多くの方にひとつでも
ビジネスや人生にお役に立てる
きっかけを届けることが出来たら
と思って、

講演は本気でお話
させていただいておりますので
誤解のないようにww

 

さて

講演会では
ほとんどの方が初対面なので

初めの「つかみ」というのが
とても大切だと思います。

この「つかみ」をしくじると
立て直すのが結構大変です。

 

超有名人であれば
「つかみ」なんてものは無くても
聞く耳は持ってもらえるのでしょうが

 

ほとんどの場合、

「おまえは誰だ?」

という感じで迎え入れられます(笑)

プロの講演講師の方にお話を聞くと
やはり皆さん各々「つかみ」を
持っているようですww

さすがはプロ講師、
エンターテイメント性が高い(笑)

 

私はこの「つかみ」のことを

”コップを上向きにする”

という言葉に置き換えています。

 

講演会やセミナーの場でも
飛び込み営業の場でも
商談の場でも

相手に聞く耳を持って
もらえなければ

話はうまく届きません。

 

セールスでなかなか結果を
出すことが出来ていない人は

「コップを上向きにできていない」

という風に感じることが
本当に多いです。

 

講演会とセールスの現場では
立場も話すことも違う

と思う人がいるかもしれませんが

やり方は違うとしても

「聞く耳を持ってもらう」
ということについては

全く同じだと思います。

 

講演であれば、
2時間も冷めた目で見られる事以上に
つまらない話を聞かされる方は
辛すぎますww

営業の場合は、短い時間で、
相手の問題を解決する提案を
的確にしなければなりません。

そのためには

私の声を受け入れてもらえる状態を
一瞬で作る必要があるのです。

営業では、出来る限り本音を
話してもらうことが重要です。

やはりそのためには
コップを上向きにしてもらい

私を受け入れてくれる状況を
作る必要があるのです。

だって、壁を作られていては
本音を話してもらうことなんて
不可能ですからね。

 

私はいくつか
”コップを上向きにしてもらう”
ためのパターンを持っています。

例えば…

一瞬で聞く耳を持ってもらうための
「枕詞(まくらことば)」を使う。

というのは
かなり効果的です。

この「まくらことば」を探し出せれば
驚くような効果をもたらします。

 

実際、私が使っている
「まくらことば」を伝授した人は

営業成績が10倍以上になりました。

ま、「ドはまりした」ということですが

それほど「コップを上向きにする」
ということは重要なのです。

 

ちょっと長くなってしまったので
またの機会にお話ししたいと思いますが、

12月13日に目黒商工会議所にて
セールスに関する講演会で
講師を務めますので

ご都合あう方はご参加ください。
先着順で、残席僅かのようです。
(満席になっていたらごめんなさい)

⇒ いますぐ申込みはこちら

 

ちなみに、明後日11月28日(水)は
富山で講演会です。

私は鱒ずしが大好きなので
とても楽しみですww

以前、富山で講演させていただいた時
都内では流通しない鱒ずしを
教えていただいたのですが

買えなかったので
今回こそは買って帰ろうと
気合いが入っています!

 

そして、12月3日(月)には
私の地元、福島県いわき市で
凱旋講演会です!

楽しみで仕方ありませんww
詳細は改めてお伝えしますね!

 

12月13日の目黒商工会議所での
⇒ 講演会申込はこちらです。

ご都合あう方は今すぐ申込を

先着順で、残席僅かのようです。
(満席になっていたらごめんなさい)

では。